2014年3月アーカイブ

最近ではよく『ハイジニーナ』という名前を聞くようになりました。
『ハイジニーナ』とは、V、I、Oライン、すべてのアンダーヘアを処理することを言います。
この名前の由来は『ハイジーン』、清潔と意味の言葉を『ハイジニーナ』と造語にしたものとなります。
実際に欧米では、清潔な状態を保つためにもアンダーヘアは不要と判断し、処理するのが一般的だそうです。
毛が残っていると、蒸れて雑菌が繁殖しやすく不衛生な状態になりやすいので、ハイジニーナにすることでそれを防ぎ、匂いも抑えることができるのです。
以前、日本の女性が海外で出産するという時に、助産師さんが女性のアンダーヘアが処理されていないのを見て、びっくりされたというお話を聞いたことがあります。
日本ではアンダーヘアを残すのは一般的ですが、タレントやモデルさんのなかでも『ハイジニーナ』を実践していると公表している方がいた為か、一般の女性でもハイジニーナに対するハードルがやや下がったかなという印象です。



人の顔を見た時、一番印象に残るのは目元。
だから目ヂカラを強調したようなメイクが人気なのですね。
目元さえきっちりメイクをすることで、きちんとメイクが
簡単に仕上がります。
目ヂカラアップにはホットビューラーとマスカラが
欠かせません。
くるんとしたまつ毛のカーブをキープするには
ホットビューラーがおすすめ。
髪の毛だってそうですよね。ドライヤーやホットカーラーなど
熱を使って巻き髪やウェーブをキープしますね。
まつ毛も同様に暖めると型が付きやすくなり、型をつけた状態で
冷却すると、その型がさらにしっかりとキープ出来ます。
ホットビューラーでカールする時のポイントは、根元から。
根元をしっかりと持ち上げて、ゆっくりとスライドさせることで
しっかり自然なカーブが仕上がります。
そして仕上げのマスカラ。マスカラを塗る前のポイント。
マスカラの下地を利用することで、まつ毛の1本1本が
強調されて、長くきれいなまつ毛を手に入れられますよ。


みなさん、アンチエイジングが騒がれる昨今ですが、実は歳をとると、真っ先に変化が現れるのは「お尻」だそうです。知っていましたか?

まず、第一に筋肉の衰え。これが始まります。お尻の筋肉が弱くなると、足腰が弱まりそれが歩行困難や姿勢の悪さなどにつながります。膝が悪くなるのだって骨盤のバランスが崩れたりすることが要因の一つのようですから、十分注意すべきです。

そしてもう一つ意外な事があります。それは免疫力の低下による皮膚の疾患です。

お尻は普段から刺激を受ける場所ですが、寝ている間もずっと圧力を受け続ける事になります。歳をとって寝たきりになったり、体力が落ちると、湿疹や皮膚病などが起こりやすいんです。

良くお年寄りで皮膚にシミができている方がいると思いますが、これが肌の免疫力が低下して起こるものだと言われています。

また、褥瘡という、いわゆる「床ずれ」にも気を付けないといけません。お尻の皮膚の新陳代謝が落ちると真っ先にこの床ずれが起きるそうですから、本人もそして周りの人も気をつけて上げないといけません。

こうして老化現象がお尻に与える影響はとても大きなものだということが分かり、これからもっと大事にお尻をお手入れしてあげないといけないと、密かに思っている所です。

みなさんも気をつけてくださいね。



このアーカイブについて

このページには、2014年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年2月です。

次のアーカイブは2014年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31